HOME>記事一覧>雑誌の切抜などがあれば医師に伝わりやすい

医師に要望を細かく伝える

プチ整形の流行により、美容整形に対する抵抗感というのはかなり薄れました。老若男女の間で美容整形が人気です。どのような整形であれ、カウンセリングの際には医師にきちんと要望を伝えることが重要です。埋没法一つとってみても、二重の幅やデザインによって目元の印象は大きく異なります。自分の好みのデザインを細かく医師に伝えられるように準備をすることが大切なことです。

シミュレーションで仕上がりがわかる

カウンセリングの際には、美容整形外科の医師はパソコンを使ってシミュレーションを行います。パソコンを使ってシミュレーションにより、仕上がりがどのようになるかをある程度事前に把握しておくことができて参考になります。

参考資料を持参する

具体的にどのような仕上がりの美容整形を希望しているのか、もし参考になるような資料があるのであれば、カウンセリングの時に持参します。憧れのアイドルの切り抜きでも十分に役に立ちます。それを用いて、医師が仕上がりを調節します。

なりたい自分になるために

なりたい自分になるためには、まず、準備段階でイメージをふくらませることが大切です。憧れのアイドルのような顔になりたいというイメージを持ちながら、それを美容整形外科の医師にきちんと伝えることで、実現することができます。